令和3年2月21日

鬼滅のグッズ?と熱く語ります(R3.2.5)






現在「にほんブログ村」の子育てブログ、二人目育児部門に登録させていただいております。
https://baby.blogmura.com/futarimebaby/
お時間ありましたら上記URLをクリックお願いいたします。
一日一クリックが票となって順位を押し上げてくれるランキングです。
いつもクリックしてくださる方、本当にありがとうございます(^^)。
 







210221鬼滅のグッズ?と熱く語ります (1)
とあるスーパーに入っている百円ショップで買ってきたボトルカバー。

鬼滅ファンのモミ子は喜びましたが、鬼滅の公式グッズではないことに気付き、一言。

「パクリじゃん」





さて、古い話題もありますが、今日も熱く語ります。

まず、こちらの動画をご覧ください。



この動画に

「ウチのお父さんがずっと見てます、誰か止めて下さい」

ってコメントがついてましたが、ついつい何度も見ちゃうお父さんの気持ちわかりますねぇ…。

モミ子がこんな風に育ったら、お父さんは毎日娘に変な虫がつかないか心配になると思います…。

今は夢をかなえ声優となり、今放送している「転スラ」で主役を張ってる岡咲美保さん、ますます頑張ってほしいですね。

それにしても岡咲さん、このころから華がありますよね〜。

聴いてた水樹奈々さんもびっくりしたんじゃないでしょうか^ ^





続いて、次の大河ドラマ「青天を衝け」の五代友厚役に、連続テレビ小説「あさが来た」でも五代友厚氏を演じたディーン・フジオカさんが演じることに決まったという件について。

ニュースソースはこちらから。

https://373news.com/_news/?storyid=132709

同じ配役、楽しみです。

連続テレビ小説「あさが来た」と世界観が一つな気がして、想像力が掻き立てられワクワクします。

波瑠さんや玉木宏さんがカメオ出演したりしたら、より話題になるんじゃないでしょうか。

また、大河の予告編を見ていたら渋沢栄一氏のいとこである渋沢成一郎氏も重要な役どころで登場するようで、成一郎氏が長じて頭取に就任する彰義隊や、(成一郎氏が彰義隊を脱退した後に起きた)上野戦争も掘り下げてもらえるかも知れず、歴史好きとして楽しみです。^ ^

そして、2023年の大河ドラマ「どうする家康」で明智光秀役に長谷川博己氏が配役されないかな〜と願っている私…。





続いて、山梨学院大付属高校の優勝に終わった今年の高校サッカー選手権の決勝。

ロングスロー一本で、ここまで劇的に試合の流れって変わるものか、と感じました。

両チーム共にロングスローが戦術の中に組み込まれているので、迂闊に自陣で相手にスローインを与えるとすぐピンチになります。

私たちの高校時代にはいわゆるハンドスプリングスローもはやりましたね。

ハンドスプリングスローとはこの動画のようなスローインです。



うちの代でも誰かがチャレンジしてたような…。

でも、真上に飛んだりしちゃうんであきらめたような記憶があります。

今はハンドスプリングスローと同じような飛距離を普通のスローインで出せる選手もいるので、普通に武器になってますよね。

決勝進出の2チーム共にロングスローの使い手がいるので、一部ではロングスローはありかなしか?と議論になっているようです。

ルールで禁じられているわけではないので私は「あり」だと思うんですが、プロの場面でロングスローってあまり見られないですよね。

対処法が確立しているから見られないのか、そこに着目されてないのか…。

でもプロだったら慌てることもなくしっかり対処されてしまうのでプロではロングスローは行われないんだと思うんですが…。





続いて、摂津市で2018年に市のミスで住民税が1500万円多く変換されてしまった男性が、すでにお金を使い切ってしまったとして返還を拒否している件について。

ニュースソースはこちらから。

https://mainichi.jp/articles/20200526/k00/00m/040/071000c

個人的には使い切ったかどうかにかかわらず全額返済させるべきだと思うんですが、裁判になったら自動車事故のように市役所の職員、60代男性、そして市の過失割合が算定されて、それに応じた損害額を市に払うことになるかもしれませんね。

市の過失が認められたら、その分は相殺されるとか…。

だって、どこかでこのミスをした市職員と60代男性との間に何らかの繋がりというか、利害関係がないとは言い切れないですから…。

仮にこの市職員がこの60代男性に借金があって、それを免除してもらう代わりにミスを装って課題還付した…なんて裏があったら大変なことになりますから。

今後どのように推移していくのか、注目ですね。

裁判になったらしっかり資産状況は調べられるでしょうね。

ただ、どんな状況でそうなったかはわかりませんが、160万円も住民税が還付される方が、資産が全くないというのは理解しがたいですが…。

「年金しか収入がない」というのもここまでことが大きくなるとは予想してなかった60歳男性のはったりで、実は資産があって…っていうことなんじゃないかと思っています。

全国ニュースになっちゃったのはこの60歳代男性や弁護士にとっても誤算だったんじゃないでしょうか。

過大還付されたら即座に使い切ればもしかしたら返さなくてもよくなるかもしれないなんて前例が出来たら大変なので、この件はうやむやにしちゃいけないんですよね。





続いて、こちらの動画をご覧ください。



またこんな風に熱く盛り上がれる日が来ることを楽しみに、今はじっと耐えましょう。

それにしても、今見ても泣けてきます…。

とくに川平慈英の感極まった表情は、それまで不遇をかこってきたサッカー日本代表の思いを代弁してくれたような気がして、やばいです…。

ちなみに、日本はゴールデンゴール方式でワールドカップ出場を決めた、最初で最後の国です。

それが初めてのワールドカップ出場決定だったのですから、盛り上がらないわけがありません。





続いて、ちょっと前の話題ですが、黒川元検事長がマスコミ関係者とかけマージャンをしていたことを事件化するのが難しいと考えられている件について。

ニュースソースはこちらから。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052101101

別段、黒川氏や政権を擁護するつもりではありませんが…。

「競馬や競輪は賭博だけど公営だからいい。」

「賭けマージャンは公営じゃないし賭博だからダメ。」

「パチンコは公営じゃないけど賭博ではなく遊戯だからいい。」

あら?

理解できない理論が少なくとも一つ混じってますよね。

賭け麻雀を摘発するんだったら、パチンコのその無理筋も否定しなけりゃならないと思うんですが…。

あのボールペンの先みたいなのが欲しくてパチンコする人っているんでしょうか?

それにしても、パチンコは法律上賭博ではない…ってものすごい欺瞞ですよね。

誰がどう見たって賭博ですから。

また、刑法185条の「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」の後半についての解釈についても、司法の見解の統一が必要に思われます。

法整備があいまいな中で何でもかんでも検挙っていうのは、結局は国民を惑わし苦しめる気がします。

でも確か以前東尾さんとか蛭子さんって検挙されたんでしたっけ。

とすると、検挙しないと「身内には優しいのか」って言われちゃうでしょうし…。

ただ、パチンコがOKなら、仲間内での賭け麻雀くらいはいいんじゃないかと個人的には思うんですが…。

検事長たる方が、テンピン程度で麻雀を打っているところなんか、私からしたら返って微笑ましいです…。

個人的にはよほどな金額をかけているならともかく、仲間内でささやかな金額をかけてるくらいならいいじゃんって思っちゃいます…。

刑罰は法の下に平等でなければならず、誰だから軽く、この職業だから重くってのはまずいですよね。

そう考えたら、やはりここで刑の軽重や、賭博の定義の理不尽さをしっかり是正しておく必要がある気がします。

どう考えてもパチンコやスロットは賭博ですし、仲間内の小さい金額のかけ事とパチンコのどちらが射幸性が高いかといえばパチンコですしね。

とどのつまり、やはりパチンコが賭博ではないというのはもうそろそろ無理がきてると思います。

法律の建付けに無理…というかこじつけがありますもん。

また、コロナ禍でへ休業を求められたパチンコ店の中で、少数の強情を張ったお店のおかげで、多くのきちんと休んでいたパチンコ屋さんのイメージだけでなく、パチンコ全体のイメージまでが悪くなりました。

黒川氏を擁護する人はいないと思いますけど、このパチンコのイメージが低下したことによって、「黒川氏の仲間内の賭け麻雀が賭博で、パチンコが賭博ではないのはおかしい」って声が大きくならないとも限りません。

私も全くそう思いますし。

もちろんパチンコ業界は政治家にも深く食い込んでいてそういう声はなかなか反映されないんでしょうけどね。

これを機会に賭博に関してしっかりと定義づけをすべきだと思うんですが、おそらくわけのわからん利権が絡んで結局うやむやになるんでしょうね…。

競馬、競輪、オートレース、麻雀、カジノが賭博で、パチンコ、パチスロが賭博ではないというのはいくらなんでも無理があります。

だとしたら同じスキーム(ボールペンの先が景品の遊戯という建前で、店の外にある金券ショップもどきで買い取る)で娯楽と主張するカジノが出てきてもおかしくないですし、それはパチンコと違ってダメというのは無理があります。

それがまかり通ってるのは、おそらくパチンコ業界と政治家がずぶずぶの関係だからじゃないかと思っています。

国もIRを推し進めるならパチンコは禁止にしないとならないでしょうね。

麻雀店も、最初に点棒を購入して、半荘が終わった後に換金する…というシステムなら問題ないかも?

さらに、そこにワンクッション入れて、半荘終わった後にポールペンの先と交換して、それを換金するのなら完璧じゃないですか?(笑)

雀荘じゃなくても、例えばどこかの家でやる時もあらかじめ展望を家主から購入すればいいんだと思います。

面倒ですけどね。

あ、それと半荘の間に点棒を元に戻すときはどうすればいいのかはまだ一考の余地がありますが…。

結論としては、どちらかにすべきだと思います。

「パチンコはOK、仲間内の常軌を逸しないかけ事もOK」か「パチンコはNG、仲間内の常軌を逸しないかけ事もNG」か。

パチンコに関しては、今更非合法にできないんだったら、合法にしてものすごい率の税金をかければいいだけのような気がします。

もちろんパチンコ店に通い人の不利益がないように。

また、お店によって出る出ないを決めれるのは絶対禁止にすべきです。

公正でないパチンコやスロットは禁止しちゃえばいいんです。

それを破ったら事業停止とかの行政処分を下す感じで。

機種ごとに定められているのならともかく、店の都合で出玉を絞ったり緩めたりするのはまずいですよ。





最後に、俳優の藤岡弘、氏の息子さんが芸能界に登場している件について。

その出演CMをどうぞ。



もしかしたら、セイバーの次の仮面ライダーに藤岡真威人クン、あるかもしれませんね…。

同シリーズの主役を演じる初の親子になるかも…。

ただ、真威人クンはゼロワン役の高橋文哉クンに何となく雰囲気が似ているところがマイナスかもしれませんが…。

また、真威人クンは一瞬プレミアリーグ・リヴァプールの南野選手にも見えます…。

コメント

非公開コメント

プロフィール

momihiko

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ